学び直したかったら、通信制大学!

学問を体系的に学び直したかったら

大学を卒業して社会人になったけれど、配属された部署では専攻した分野の知識がまるで役に立たず、全く新しい学問を急に学び直す必要が出てきた場合にはどうしたらよいでしょうか。あるいは社会の波に揉まれて夢中で働くうちに、人生の不条理を感じて哲学や宗教などの人文科学の分野を学びたいな、と次第に思うようになった場合にはどうしたらよいでしょうか。図書館や本屋に立ち寄って、手に入る範囲の専門書を乱読して知識をつけるのも良いかもしれません。しかし単なる知識の寄せ集めで満足できずにひとつの学問分野を体系的に学びたいと強く感じるようであるのなら、通信制大学へ進学(あるいは編入)することで、あなたの夢をかなえることが可能です。

入学が容易で中身は本格的

通信大学には「入るのは簡単だけど卒業は難しい」と一般に形容されています。高校を既に卒業した人、あるいは既に学士号や修士号を持っている人など、入学資格を満たしている人は、ほぼ無試験に近い状態で入学(あるいは編入)が許可される学校も数多くあります。けれど再び学生になって待っているものは、昼間の大学と同じレベルの難しいテキストとレポートの山です。そのひとつひとつを読みこなして自分のものとして身に付けるのは、決して容易なことではありません。しかしあなたが本気なら、通信大学で学び直す欲求を十分に満たすことができます。昼間の通学制の大学へ社会人入学を志すのも良いことです。しかし通信制大学を利用して学ぶことに決めたのなら、最小の準備で最高の収穫を手に入れることができます。

小学校教員免許を通信で取得するためには、通信教育を行なっている大学に在籍します。通常の大学と同じ免許が取得できる他、大学の施設も利用できるので便利です。